活動と持続のしかけ(ろうそくはなぜ燃え続けるのか)

 

どうも、すごく飽きっぽい中澤信幸です。

 

126487

ろうそくは、芯と蝋でできています。

芯は燃える部分で、蝋は燃やす部分です。
芯には火がつきますが、蝋には火がつきません。
蝋がとけて、芯の火を燃やし続けます。

 

およそすべての活動には、
それを持続的に成り立たせるために仕掛けが必要です。

強い情熱であったり、潤沢な資金であったり、
積極的な支援グループであったり、定着した習慣であったり。

 

"きょうもいい人は、活動と持続の仕組みをセットで用意します。" Click To Tweet

 

来週は何の記事を書こうかなぁ~。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください