ちょうどいい助けってどれくらい?

Print

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

怪我をしたときには、
自分の足がわりに体を支えてくれる、
松葉杖がとても重宝します。

 

長すぎると体が浮いてしまいますし、
短すぎると体の支えになりません。

ちょうどよい支えになるためには、
ぴったりよりほんの少しだけ長めがよいようです。

 

日常の助けも同じですね。

自分ができるのより、ほんのちょっとだけ上手にできる人だと、
大きな助けになります。

 

いま、あなたが必要としている助けはどんなことですか?

 

中澤信幸(@nobun)は、人の助けになれることを
何よりもうれしく思っています。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください