礼拝メッセージ 「何度でもあわれみ」

coverart

メッセージタイトル
「何度でもあわれみ」

聖書箇所 民数記14章13-25節

[note]

  • 民は、ひとりのかしらを立ててエジプトに帰ることを望んだ。いままでの歩みと逆行して、神の民であることを放棄すること。
  • カレブが勧めた根拠は、すべて神の導きにある。みこころならば… 神がともにいるので… いつもそうだったではないか。
  • 激しくつぶやく民に神がご自身を明らかにされた。さばきの宣告は、神が民に愛想を尽かしたとも思われるもの。
  • モーセのとりなしは、神の尽きることのない想い、民への豊かな恵みに訴えかける。
  • 神は赦すと宣言する。この民の神であることを放棄されなかった。
  • 神は常に「わたしはあなたの神である」と言われる。あなたは何と応答するだろうか。

[/note]

礼拝メッセージ(Podcast対応)にて、 過去のメッセージを保存しています。

Subscribe to

礼拝説教と聖書メッセージ〜音声ポッドキャスト毎週更新

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください