日々の法則136 ティッシュペーパーの法則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

112585


ティッシュペーパーは、薄い紙を2重に重ねることで、
肌触りのよさと強度を両立している。

ティッシュペーパーが一枚の紙でないのには理由がある。

まずは強度。
一枚の紙よりも、1/2の厚さの紙を2枚重ねにしたほうが強度がある。

そして、肌触り。
厚い紙のほうが肌触りが悪い。
さらに、紙の裏面は毛羽立っていて肌触りが悪い。

薄い紙の裏面と裏面をあわせて2枚重ねにすることで、
できあがった紙の両面の肌触りがよいものになる。

 

そんな細部に至るまでのこだわりがあって、
ティッシュペーパーは2枚重ねになっている。

 

夫婦や親しい友達などの人間関係はまさにティッシュペーパーなのである。

 

花粉の季節で、鼻をかむたびに、
2枚重ねのありがたさを心に覚えようと思う、中澤信幸(@nobun)でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする