「あれが悪いから」と言うな

 

どうも、中澤信幸です。

Print

ある翻訳家さんが、お弟子さんたちにこう忠告したそうです。

[tip] 「おまえたちはプロだ。
原作がひどくて、翻訳ができない、と言うな。
自分の翻訳で最高の作品に仕上げろ。」

[/tip]

それが一流の仕事なのだな、とひどく感心しました。

自分の手をとおって生み出される作品は、どんなものでも、
自分の名前を語られて恥ずかしくないように仕上げる。

もとの作品のせいにするのでもなく、他人のせいにするのでもなく。

かえって、もとが悪ければ、自分の手で最高に仕上げる。

 

私もそのように心して、プロとしての仕事に励むつもりです。
言い訳をするのはやめにします。

 

そんな中澤信幸は、自分が人に迷惑をかけてないか、
実はそれも心配です…

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください