2代目リーダーへの一問一答(1) チームを引き継ぐのは難しいですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フ?リント

質問(1)
前のリーダーからバトンを受け取って、チームを引き継いだわけですが、
自分でチームを始めるのと、チームを引き継ぐのは、どちらが難しいですか?

回答
チームの状況、リーダーのタイプ、その他の多くのことが影響しますね。
簡単ではありませんが、十分にやりがいのあることだと感じています。

35年間がんばってきた先輩のリーダーから、
現場の責任を引き継ぎました、中澤信幸です。

わたしにとって、責任を引き継ぐことは、難問中の難問、
不可能に近いこと… ではありませんでした。
3つのことが好条件としてそろっていたと思います。

  1. 引き継ぐグループが、リーダーの交代を前向きに理解していた。
    しかたなく、というのではなく、これからのために、という積極的な理由で、
    リーダーの交代が承認されていました。
    ですので、リーダーとして少々足りないところがあっても目をつぶろう、と
    思って、若いリーダーを迎えてくれました。
  2. 私のタイプが、創設者タイプではなく、2代目タイプだった。
    私の特性は、いまあるものをよりよくすることに関心があり、
    自分が動くよりも、戦略を提示して人に動いてもらうことを好みます。
    何かを始めろ、と言われると少々戸惑いますが、
    引き継いだチームをよりよくしていくことには意欲が湧いてきました。
  3. チームの方向性と新しいリーダーの方向性がさほど違わなかった。
    私自身がその中で生まれ育った、ということもあり、
    だいたいどの方向に進もうとしているのか、理解できました。
    と同時に、少々の方向性の修正の必要性は感じていたものの、
    大筋ではその方向性を納得できていました。

 

多くの場合、わたしほど好条件はそろっていないだろうと思います。

そういう意味では、2代目リーダーがチームの責任を引き継ぐというのは、
とても困難な場合もあることでしょう。

私が一番大切だな、と思うのは2番めのポイントです。

ホップ・ステップ・ジャンプの
ステーップ ・ ジャーンップっ のところは、とってもやりがいがある、
そう思える人なら、どんなに困難でも、きっとやり遂げることができるでしょう。

 

いっしょにステップ・ジャンプを目指す人を応援します。
中澤信幸でした。

 

2代目リーダーへの一問一答では、あなたからの質問をお待ちしています。
どうぞ、気軽にご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする