2代目リーダーへの一問一答(7) 方向転換するにはどうしたらいいですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

091636

質問(7)
引き継いだグループや組織の目指すべき方向を転換しなければいけない、
と思ったら、実際にはどのようにして方向転換したらよいのでしょうか。

回答
無理を覚悟で、強引にでも断固としてやりぬくか、
あるいは、時間をかけて徐々にやっていくか、どっちかでしょうね。

先代からのリーダーシップを引き継いだ者にとって、
目指すべき方向への転換というのは、一大事業ですね。

でもって、やっぱりこれが一番むずかしいです。

 

どうやって?という方法は、
あなたがどういうタイプのリーダーかによります。

正々堂々、真っ向勝負型なら、目指すべき方向を明確に示し、
反対する人をやりこめて、方針を貫くことになるでしょう。

マイペース型なら、周囲の声をあたかも聞いているふりをしながら、
実際には着々と方向転換をすすめていくことでしょう。

気配り型なら、徐々に徐々に、地道なスローペースで、
周囲の同意を得ながら、方針を浸透させていくでしょう。

 

わたしは、方向転換に失敗したなぁ、と思っています。
自分の柄でもないのに、真っ向勝負をしかけてしまったのです。
結果として、大切な人を傷つけましたし、自分も傷つきました。

いまだったら、どうするか?

うーん…
たぶん、大上段にビジョンを掲げてそちらを向かせるよりも、
実際的なところで、目指す方向にそった決断を繰り返していくでしょう。

あと、小さなことでも、目指す方向に向かっていることがあったら、
それを話題にして、「こういうことがもっと起こったらうれしいですよね」
と伝えたいですね。

 

中澤信幸は、2代目リーダーを応援しています。
このテーマに関する質問など、気軽にお寄せください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする