2代目リーダーへの一問一答(4) 先代のリーダーよりも劣っている点はどうする?

043148

質問(4)
先代のリーダーが得意だったことが自分にはできない、
ということがわかったとき、どうしたらよいのですか?

 

回答
できないことをできないと認めるほうが信頼を得られます。

 

基本的に見えっ張りなので、「できない」と言えない中澤信幸です。

自分と先代のリーダーは違うのですから、当然できることも違います。
長所も短所も違っています。

まず、自分がそれを納得して認めることが必要です。
そしてまわりの人にもそれを納得して認めてもらうことが必要です。

そのためには
「先代のリーダーは、これがとっても上手でしたよね。
わたしには、とうていできないんです」
と素直に言えばいいだけのことです。

 

短所を認める邪魔をするのは、わたしの場合…

  • できる人だと思われたい
  • 先代のリーダーを越える存在になりたい
  • 頼りないと思われたくない
  • 期待にこたえたい
  • 誰かによけいな迷惑をかけたくない

 

自分を自分以上に見せようとすると、必ず無理が生じますよね。

2代目のリーダーには、素直さが求められると感じています。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です