0005 いくつになっても教養と教育が大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

 

インターネット的朝礼番組「あさのば」を
お届けします。

教養と教育でも、ちょっとかわった教養と教育、
それがいくつになっても大切、というお話しです。

 

  • 教養でも、きょう用がある、ということ
  • 教育でも、きょう行くところがある、ということ
  • 誰でも、きょうを過ごすのに意味や目的を見出すことが大切
  • あなたは、どこに行って、誰のために、何をしようとしていますか?

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. 弘之 より:

    毎日が日曜日になった現役引退者にとっては、その通り用事があって、行くところがあるというのは充実した日です。結構日程が埋まっているというのは嬉しいものです。
    さー、今日はどこへ行こうかな!

    • 弘之さん、ありがとうございます。
      やっぱり、そうなのですね。

      毎日がお休み、というのは、想像できない日々です。

      うーん、憧れる一方で、どうなるんだろうか?と未知の不安もあります。

      もしかしたら、いまから20年後には、社会的にももっといろんな生活が可能になっているかもしれませんね。