0082 職場でサーバントとして働くとは

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2017年5月30日火曜日、第82回めの放送です。

 

サーバント・リーダーシップについて、今日は職場で私がサーバントになるってどういうことか、お話しします。

 

 

[note]

  • グリンリーフの書いた「サーバント・リーダーシップ」2章にサーバントとしての大企業
  • 働く個人にあてはめてみると、3つの面が見えてくる
  • ひとつめは、お客様に対して、役に立つものであること
  • ふたつめは、社会に対して、貢献をするものであること
  • みっつめは、仲間に対して、助けとなるものであること
  • あなたは、自分のしているお仕事の中で、どんなふうにサーバントになれそうですか?

[/note]

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

1 コメント on 0082 職場でサーバントとして働くとは

  1. katsu141 より:

    最近コメントする機会が減ってしまいましたが、毎朝、あさのばを聴き、頷きながら通勤しています。昨日の準備の大事さのお話も、今日のサーバントのお話も、まさに会社生活での「あるある」です。働く一人一人が輝ける舞台を整えるのが、リーダーの大切な役割の一つではないでしょうか。会社の元CEO、COOは、正にそのようなリーダーで、今の私の仕事のビジョンとも重なりちょと嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください