0178 正確な天気予報で日常生活をよりよくするというお仕事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年10月18日水曜日、第178回目の放送です。

天気予報が当たると、ずいぶん生活が楽になりますよね、そういうお仕事ってすごいよね、というお話しです。

2017年10月18日水曜日、第178回目の放送、お相手は中澤信幸です。

教会墓地での納骨

昨日は教会のお墓に行って納骨をしてきました。ご家族と一緒でした。雨が降っていると、納骨は本当に大変なんですね。外で傘をさしながら、30分ぐらいずっと立っていなければなりません。雨か、雨でないかは、大きな違いなんです。

昨日は、朝から雨がずっと降っていました。結構冷たい雨で、風も吹いていて、このままだとお墓、大変だなぁと思っていました。でも、天気予報では、午後は晴れてくる、ということだったので、まあそれなら大丈夫か、と、あまり雨のための特別な準備というのはしませんでした。

お天気予報のとおりに

で、実際にはどうなったか、と言いますと、本当にですね、予報が言っていた時間になってくると、雨が弱まって晴れ間が見えてきたんですね。そして、お墓に行く頃には、すっきりとした雰囲気の中で、雨がすべてのもの洗い流してくれたみたいなすがすがしい空気の中で、実際の納骨をすることができました。日も差してきましてね、なんか水滴がキラキラ光るような、そんな中での納骨になりました。よかったなぁ、と思いました。改めて、天気予報はものすごく当たるんだな、と感じたところです。

不確実性が減る、というすばらしさ

天気予報が当たる、それはつまり不確実性が減るっていうことだと思うんです。不確実なことが減る。それによって行動がしやすくなる、という部分がだいぶあるように思います。

確かに天気は変えられないわけです。でも、天気が変わることによって翻弄されるという生活は変えることができる。雨が降るなら、雨が降るとわかっていてたら、そのことに対応した生活ができる、ということですよね。身近なところでも、そういうケースは何人もの方々に見てきています。

生活の大きな助け

例えばですね、車椅子で生活をしていらっしゃる方は、雨が降るとやっぱり外に出にくいんだそうなんです。なので、天気予報で今日は雨が降るのか降らないのか、それによって朝の生活をきちんと決めていく、定めてことができる。1時間単位で天気予報が出るって、非常に助かるんだそうです。今日は午前中の内だったら、出かけても大丈夫だな。今日は、夕方ならちょっと出られそうだな、そんなふうにですね。

これは、小さな赤ちゃんをお持ちのご家庭の生活パターンも、結構同じだっていうふうに聞いていますね。あのバギーに乗せて買い物に行くとか、そういうお母さんたちにとって、お父さんたちにとって、いつ雨が降るのか降らないのか。やっぱり大きなことですよね。

秋の運動会のシーズンですから、明日運動会出来るのかどうか、午後になったら止むかなぁ、とかですね。スポーツのイベントなんかもそうだと思います。

日常生活への大きな貢献

天気予報が果たしている役割は、凄く大きいと思うんです。先程もいいましたけれど、天気は変えられないわけですね。雨が降るか降らないか、それを左右することはできません。でも、天気の変化に翻弄されるような生活、それは変えることができる。天気がどうなるかによって、あーあーこんなふうになってしまった、っていう生活については、実は変えることができる。それを実現しているのが天気予報なわけですね。

天気予報って本当にすごいですね。私たちは、ほとんどこれにお金をかけることなく提供されていて、その恩恵を受けているわけです。このことに大きなお金を払っている訳では無いですね。でも、結構経済的にも、このことによって大きく私たちは恩恵を受けてるんじゃないか、と思います。

どんなお仕事のでも

気象の解析に携わっている方々には、そういうことで本当に感謝をしたいと思うんです。精度が上がっている、技術が進んでいることのおかげで、私たちの生活は思いがけず本当に助かっている。もしかしたら気象の解析をしてる方は、そんなふうに人の生活に関わっているってあんまり思ってらっしゃるかもしれない。でも、これってものすごい貢献なんだ、っていうことをを感じるわけです。

もしかしたら、私たちがしている仕事の中にも、これがいったいどんな役に立つんだろうか。これが人の生活をどう助けていくんだろうか。あまりわからないことがあるかもしれません。けれども、この気象の解析みたいなことと合わせて考えてみますと、やっぱり私たちがしている仕事はどこかで大いに人の役に立っていて、そのことの恩恵が必ず人々にもたらされている。そう思います。

ですので、今日も皆さんがするお仕事ひとつひとつの中に、小さな意味、大きな意義を見つけていただきたいと、本当にそう思っています。

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする