0184 本当に人に親切にするとはどういうことか

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

 

2017年10月26日木曜日、第184回目の放送です。

 

人に親切にすることについて、深く考えさせられる、イエス・キリストのたとえ話を紹介します。

 

 

[note]

2017年10月26日木曜日、第184回目の放送、お相手は中澤信幸です。

 

よきサマリヤ人のたとえ話

毎週木曜日はイエス・キリストが語られたたとえ話を紹介しています。今日お話しするのは、よきサマリヤ人として知られているたとえ話になります。

ある人が強盗に襲われて、重体になってしまいました。道に瀕死の重傷を負って、横たわっています。そこに祭司が通りがかりました。祭司は、このけが人を見て、避けるようにして道の反対側を通り過ぎていきました。次に通りがかったのはレビ人です。彼もまたこのけが人を見ると、避けるようにして道の反対側を歩いて行きました。

さらに通りがかったのが、サマリヤ人でした。この人は、けが人を見ると近寄って、そして抱きかかえ、介抱してやります。けが人を連れて宿屋に行き、介抱してくれるように依頼します。支払いは私が払うからと言って、そこを後にしました。

 

誰が隣人になったのか?

イエスはこのたとえ話を話されたあと、誰が隣人になったと思いますか?と聞きました。人々は、もちろん、これがサマリヤ人であったことを知っています。

このサマリヤ人という人たちはは、もともとユダヤ人と犬猿の仲にあって、決して相手を助けたいと思うような人たちではなかったんです。でも、重傷を負っているこの人を見て、決してほっておくことができない、と近寄って、介抱したわけですね。

イエスはそのことを理解した人たちに、行ってあなたがたも同じようにしなさい、と話しかけます。行ってあなたがたも同じようにしなさい。

 

人に親切にするとは?

このたとえ話は、もともと私の隣人とは誰ですか、と聞いた人の問い掛けに答えたものでした。問い掛けた人は、私はみんなに親切にしている、仲間に親切にしている、私はいい人だ、と自信満々に問いかけをしたようです。でも、そんな彼に対して、あなたは本当に大切な人、本当に必要な人に親切にしていますか?たとえ自分が助けたくないと思うような人にでさえ、必要であれば助けの手を伸べることができますか?と。そう問いかけられたわけですね。

私たちの愛の深さというか、親切心の大きさっていうか、本当にあなたはそういうふうに歩むことができるか、を問い掛けられているようです。

 

あなたもあの人に対して

このたとえ話を聞いて、あなたはどんなふうに思われますか。もう言い訳のしようのないぐらい、わかりやすい例えだと思うんですね。敵対する人ですらさえ助けてやった人と同じようにしなさい。

もしかしたら、皆さんの頭の中には、この人にも?という人が思い浮かんでるかもしれません。まさか、こんな人には、そうしろと言わないよね、そんなふうに思う人がいるかもしれません。でも、そんな人のことを指して、あなたもいってその人のために同じようにしなさい、と言われているとしたらどうでしょう。どんなに大きなチャレンジでしょう。果たしてそれはどういうふうにしてできるのでしょう。少し心の中で考えてみていただきたいと思います。

このたとえ話はですね、実際に行ってすることが大事というよりは、そのことを考え始めて、自分の中で葛藤し始めること。いったいどういうことなんだろうか、と問いかけ始めることが重要です。あの人にも?と思うような人がいたら、ぜひあなたも心の中で考え始めてください。

[/note]

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください