coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2018年5月11日金曜日、第320回目の放送です。

 

透明すぎるガラスのお話しをします。

 

 

透明すぎるガラス

アメリカのカリフォルニアに、アップルが新社屋を建てました。アップルパークというんだそうです。その中身が、あまり外の人にわかるわけではありませんが、こんなツイートがあったそうです。「新社屋がガラスばりで透明すぎて、そこに激突する人が後を絶たない。7人も今日は怪我をした」

 

遮るものに気が付かない危険性

透明すぎる、そこにあるのがわからずにぶつかってしまう。遮るものがあるのに、それに気がつかないということは、とっても危険なことですね。私たちの人生の歩みにも、同じことが当てはまるようです。

壁があるのに気が付かない。敵がいるのに気が付かない。誘惑があるのに気がつかない。改善すべき点があるのに気が付かない。本当はそこにある。そのことを乗り越えて行ったり、回避して行ったり、そのことに取り組まなければいけないのに、あたかもないかのように振る舞ってしまって痛い目にあう。

 

「向こうが見える=向こうに行ける」ではない

もちろん、ガラスが透明であるというのは、すごいことです。遮っていて、向こう側が見えなくて、不安になるということはありません。その透明なガラスの向こう側を見通すことができます。透明というのは、本当に素晴らしいことだと思います。

でも、それは遮るものがない、ということではありません。向こう側が見える、というだけで、れっきとした遮るものが存在しています。そのことを忘れてしまって、あたかもそれがないようにボンっとぶつかってしまうのは、愚かな歩みです。

 

気がついていれば乗り越えられる

遮るものがあるんだ、と意識しましょう。目の前には、向こう側に行くために乗り越えなければいけないことがあるんだ。向こう側に行くために取り組まなければいけないことがあるんだ。向こう側に行くためにそのままぶつかってはいけない。回避したり、工夫したりすることが必要なんだ。そういう私たちの意識をいつも持っていたいものです。

先々回ですかね、お話をしました。質問に行きつけば、答えはもうすぐ近くにある。それと同じようなことです。ここにガラスがあるんだって気がついていれば、乗り越える術は必ず見つかるはずです。そこにあるという意識を忘れないようにしましょう。

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください