0386 どうぞお先に、と心から気持ちよく言えるために

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年8月13日月曜日、第386回目の放送です。

 

自分のペースをみつける、というお話です。

 

 

道をきれいにしてくれる車

朝早く、車を走らせていました。すると、道を掃除している車に出会いました。道を掃除するというのは、車の下の方にブラシが付いていて、路面を磨いてきれいにしているようでした。ゆっくり、ゆっくり、朝早く誰にも知られない時間に、きれいにしてくれていたんですね。そういう車があるんだな、と感心しました。

その車の後ろに、どうぞ追い抜いてください、とサインが出ていました。正確には、どんなさいんだったか忘れてしまいました。気をつけて追い抜いてください、みたいなことだったと思うんです。私は自分の仕事をしていてゆっくり走りますから、気をつけて追い抜いてくださいって。追い抜かれるのって、嫌なことじゃないかな、と思うんですけど、そういうことを感じさせないサインでした。

 

きもちよく追い抜かれることができるか

よくうさぎとかめの話がありますよね。クローズアップされるのは、たいていうさぎが寝ていて、最後亀が追い抜いていくっていうシーンです。でも、もっとクローズアップされていいのは、最初の追い抜きのシーンです。うさぎがかめを置いてきぼりにする。かめは、自分のペースでしか動くことができません。うさぎはさっさとその横を通り抜けて行くでしょう。亀はけっして腐ることなく、自分のペースを守り続けます。どうぞお先に、私は私のペースでいきますから。これが言えるかどうか、ですよ。

 

自分のすべきことを自分のペースで

ちょうど今、礼拝で「何のために生きるのか」というお話をしています。聖書から、そのことを学んでいます。もし私たちが、競争に勝つために生きているのだとしたら、追い抜かれるなんて、とつもなく腹の立つ、受け入れがたいことですよね。誰も自分より先に行かせない、と思ったりします。

でも、私が何のために生きるのかがはっきりするならば、自分のすべきことがはっきりとわかリマス。私は私のペースでやります、とも言いやすくなります。どうぞ早い人はお先に追い抜いて行って下さい。私は私のやることを、私のペースでやりますから。そう心穏やかに、先に行く人たちを見送ることができるでしょう。

何のために生きるのか、そして私はすべきことを自分のペースでできる。そんな人生の意味を見つけたいな、と思っています。人との競争に一喜一憂して、抜いた、抜かれたに腹を立てないで、心穏やかに過ごしたい。そのためには、自分の歩みが確立していることが何よりですね。

 

どうでしょう?あなたは自信を持って、先に行く人たちに道を譲り、見送ることができますか。そんな自分の歩みを手に入れていますか。

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

1 コメント on 0386 どうぞお先に、と心から気持ちよく言えるために

  1. こはる日和 より:

    比較は不幸の始まり・・なんてことを聞いたりしますが、
    今日のお話を聞いて、まわりの環境に振り回されず
    自分のペースで歩むことの大事さを思わされました。

    礼拝メッセージでの「大人の宿題」。
    今年中にその答えを見つけたいと思います。

    今日、ポットキャストで音声がアップされてよかったです。
    (ちゃんと毎日聞いてますよ~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください