日々の法則145 コインパーキングの法則

tmp.pdf

 

どうも、中澤信幸です。

 

最近、道路脇にある「60分」と書かれた駐車スペースの使い方を、この歳になってようやく理解しました。

 

というわけで、駐車場にまつわる日々の法則。

”コインパーキングに自動販売機がセットになっているのは、あざとくもあり、親切でもあり。” Click To Tweet

コインパーキングの精算は、
たいてい5000円とか1万円とかの大きな紙幣を受け付けません。

そして、精算機の横には、自動販売機があります。

大きな紙幣は、ジュースでも買ってくずして精算してください、
という、昔からよくあるあざとい商法です。

 

が、先日、こんなことがありました。

とあるコインパーキング。昔から値段を上げない、知る人ぞ知る駐車場です。

で、わたしもそこを利用し、用事を済ませて、いざ精算ということになりました。

200円と料金が表示されていたので、財布をさぐって500円玉を投入。
ゲートがギギギっと音を立てて上がりました。

窓を閉めようと思って、
「んっ? あっ、あぶない、お釣りを取り忘れるところだった」

ところが、お釣りを受け取る口がありません。
見ると、目に飛び込んできたのは

お釣りは出ません」 の文字。

ウソっ!と思いましたが、本当でした。

こんなことなら、自動販売機でジュースの一本でも買ったほうが、
損をしないで済んだのに…

自動販売機も置かない、おつりも出さない。
普通のコインパーキングの上を行く、半端でない、あざとさです。

 

それ以来、駐車場の横にある自動販売機は、
わりと良心的なのだ、と思うようになりました。

1万円札を入れて、お釣りは出ません、って言われたら…

 

あなたは、お釣りの出ないコインパーキングって経験ありますか?

 

そういう中澤信幸の財布は、いつもは小銭がいっぱいなのに、
あの日に限って… くやしいなぁ。

さぁ、明日も誰かのためになる記事を書こう!っと。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください