日々の法則141 塩コショーの法則

224244

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

お気づきかもしれませんが、
この日々の法則には、
料理や食事ネタが多く登場します。

本人の関心が偏っているので、お許しください。

 

[tip]あとできちんと味をつけるにしても、焼く前の肉に塩コショーをすることが必要である。
[/tip]

肉を焼いたり、炒めたりするとき、最後にちゃんと味つけをします。

それでも、焼く前には、塩コショーをすること、と料理本には書いてあります。

もちろん、それをしなくても、それなりの味にはなります。

が、素材の味を引き出し、調理しやすくするために、
昔からの知恵で、焼く前の肉にも塩コショーをすることになっています。

 

その一手間を省くかどうか、
それは結局のところ、料理を楽しんでいるかどうか、にかかってきます。

料理を楽しめれば、一手間かけることが楽しみであり、
楽しめなければ、一手間がわずらしさになるからです。

 

この塩コショーの法則に思いあたることがありますか?
このことは、喜んで手間を惜しまないよ、ということが。

 

そういう中澤信幸(@nobun)は、ほとんどすべての手間は省きたいです。
味の違いもわからないし。

さぁ、明日は何を書こうかなぁ?

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください