日々の法則129 開花前の桜の法則

117

春に花を咲かせる桜は、寒い冬にすでにその準備を整えている。

寒いですよねぇ?。
北海道とかの方や、カナダの人たちの前では、そんなこと言えませんが、
それでも、ここ神奈川でも十分に寒いです。

教会の方が、こんな話をしてくれました。

「近所に桜並木があって、春になると見事な花を咲かせるんです。
昨日、その通りを歩きながら、なんとなく桜の木々が賑やかだなぁと見上げました。
驚いたことに、桜のつぼみが少しづつふくらんできているんですよぉ」

そうなんですよね。

春に満開になる桜は、このさむーい冬の間に着々と準備をしているんですよね。
表からは見えないけれども、桜の木のいのちが春の花を育てている…

 

みんなの目に映らないところで、一生懸命に努力している人たちがいます。
やがてくる晴れの日のために、いまから準備してくれている人たちがいます。
つらく困難なときなのに、それでもめげずに前を向いて進む人たちがいます。

 

一番ふさわしいときに、確かに見事な花が咲く、そう信じて応援しています。

だから 負けないで!

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください