日々の法則142 かりんとう饅頭の法則

まんじゅう

 

どうも、中澤信幸です。

さっき、かりんとう饅頭をおみやげにいただきました。
そこに、こんなふうに書いてありました。

 

[tip]カリカリを味わいたければ本日中。明日以降なら、一手間、ふた手間。
[/tip]

かりんとう饅頭は、皮のかりかりした香ばしさがおいしさの秘密です。
それを味わうためには、製造日中に食べてもらいたい!

 

もちろん、今日は食べられない、という事情もあるでしょう。
その場合には、オーブントースターで2-3分焼いて、
それから少し冷ませばカリカリと香ばしくいただけます。

 

何事でも、そのときにできないとなったとき、
その後で取り戻すためには、一手間、ふた手間かかるものです。

それなら思い切って、今すぐに無理してでもやってしまうか、
潔くあきらめて後で手数を惜しまない、と決めるか。

 

どちらでもいいのでしょうけれど、決断することが大事ですね。

 

あなたはスパっと決断できそうですか?

 

そういう中澤信幸は、おみやげに持って帰ることにしました。
さて、受け取る人は今日食べるか、明日食べるか…

明日は何を書こうかなぁ?

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください