少年、隣家の庭で衝撃の落下事件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フ?リント

もう30年以上も昔の話です。
その日、わたしと姉は、裏の家に遊びに出かけました。

楽しく遊び終わった帰り道のことです。

裏の家といっても、普通に道路を歩いて行こうとすると、
向こうの角までずっと歩いて、グルーッと一回りしなくてはいけません。

ということで、子どもはずるいですから、
ちゃんと近道を見つけます。

裏の家の垣根をくぐり、隣の家の裏庭をつっきれば、30秒です。

 

わたしと姉は、遊んだ人生ゲームを二人で仲良くもちながら、
隣の家の裏庭を通り抜けようとしました。

姉が前、わたしが後。
コマやお札が落ちないように平行に盤をもちながら。

 

が、突然、バサッ、ズドーンという衝撃。

 

なんと、隣の家の裏庭には、直径1メートルぐらい、
深さ1.5メートルぐらいの穴が、ぽっかりと口をあけていたのです。

人生ゲームで前がよく見えないわたしは、
見事にその穴に落っこちて、側頭部を強打しました。

 

人生ゲームで落ちる、という、
受験シーズンに聞きたくもない話題ですが…

 

なんとか家に帰ってきて、側頭部に手をやると、血が出ています。

が、人の家の庭を横切って帰ってきたことのうしろめたさのゆえに、
誰にもそのことを言えず…

 

病院に行って、縫うことになったのは、それから数日後のことでした。
怪我をしたらもっと早く連れてきてください、とお医者さんに言われたそうです。

 

自分にうしろめたいことがあると、助けを求めるのが難しいんですよね。

わたしの右耳のところに縫い跡の小さなハゲを見つけたら、
「やましいときでも、なおHELP!」と思い出してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする