歌好きな少年にしのびよる背後の…

Print

それは、わたしが小学生高学年のとき、下校の途中のことでした。

帰りの会で、今月の歌「つばさをください」を歌ったのがきっかけだったのでしょう。

一緒に帰っていた友人たちと道が別になり、ひとりになったのをいいことに、
いまぁ わたしのぉ ねがいごとがぁ…」と、鼻歌を歌いはじめたのでした。

徐々に盛り上がり、サビのところにきて
この大空に 翼を広げ 飛んでいきたいよぉ?
と声変わりの時期の少年には少々きつい高音部を必死に歌います。

と、そのとき、背後にミョーな気配が。

なんと、隣のクラスの女子がニコニコしながらついてきています。

「いつから?」
「まさか、聞こえてた?」
「やべぇ、やけに必死に歌ってたよね、いま…」

急に恥ずかしさがこみあげ、シュンとなった私の脇を、
その女の子は通り過ぎながら、ひとこと。

「上手だったよ」
「ガーン!! やっぱり聞かれてた…」

 

教訓 サビが必要以上に盛り上がる曲を鼻歌で歌うのはやめましょう。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください