「一番大きな貧困は孤独」 ホセ・ムヒカ氏

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

SnapCrab_NoName_2016-1-14_54o-00

「世界で一番貧しい大統領」といわれる
ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領が来日し、講演、スピーチをしています。

[note]ここで貧しい人、かわいそうな人というのはコミュニティがない人であります。すなわち同伴してくれる、一緒に生きてくれる、その人のグループであります。なぜならば、一番大きな貧困というのは孤独だからです。貧困というのはモノの問題ではありません。それはこの人生というものを共有するということが重要なのです。
(世界で一番貧しい大統領ホセ・ムヒカ氏が来日講演会で語ったこと – ログミーより)
[/note]

孤独でないとは、頼み、頼まれる人がいること

孤独というのは、ただまわりに人がいない、ということではありません。
ふさわしい関係をもてる人がいない、ということです。

個人的には、お互いに助け合う関係がないと、
近くに人がいても、孤独だな、と感じます。

 

頼み上手になるためには

頼まれたら気持ちよくやってあげたい、と思わせる人は

  • 自分の状況を的確に伝えてくれる
  • 自分の短所を心得ている
  • こちらの労力を理解している
  • 責任感を感じることができる

という人です。

そういう頼み上手になるためには、正直さが求められます。
裏も表もない、ということです。

 

頼まれ上手になるためには

この人に頼もう、と思ってもらえる人は

  • 頼りになる (頼んで大丈夫という専門性や能力)
  • 声をかけやすい (いつでも対応してくれる余裕が見える)
  • 信頼できる (利用されたり、裏切られたりしない)
  • 後腐れがない (ちゃんとした距離感を保てる)

という要素が不可欠です。

そういう頼まれ上手になるためには、信念が必要です。
ちゃんと筋が通っている、ということです。

 

あなたは、助け、助けられるという人間関係をもっていますか?

 

中澤信幸(@nobun)はみなさんに助けてもらっているので、
何か助けになることでお返ししたいな、と思っています。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です