0262 サーバントの心の旅はまだまだ続く

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2018年2月20日火曜日、第262回めの放送です。

 

「指示」(ローバト・フロスト)という詩に込められた、旅の意味を読み解いてみましょう。

 

 

[note]

  • ロバート・フロスト「指示」
  • 紆余曲折を経てたどり着いたところで、ふさわしい者だけが得るべき宝
  • 旅とは整えられるプロセスであって、目的地につくことだけに意味があるのではない
  • 旅の途中のすべてに意味があり、喜びを見出すことができる
  • そんな旅をいっしょに歩める仲間がいるとしたら、どんなにすばらしいことだろうか

[/note]

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

1 コメント on 0262 サーバントの心の旅はまだまだ続く

  1. katsu より:

    サーバントは目的地ではなく、旅であり、その過程に、日々の生活の中に、意味がある。うーん深い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください