いい人は自分と誰かのために生きている

071450

4年前、東北で大きな地震があり、恐ろしいほどの被害が出たとき、
スポーツ選手たちは、「競技を続けていていいんだろうか?」と自問したと言います。

「そりゃぁそうだ、そんなことしている場合じゃない」
「ぜひ続けて欲しい、それはいま必要なことだ」
確かに、まわりからもいろいろな声が聞こえてきました。

問われるのは、誰のためにやっているのか?

もし、自分の名誉のため、自分の記録のため、というのであれば、
非常時にそんなことをしている場合じゃないでしょう。

もし、それが人のため、
たとえば、夢や希望、感動や励ましを与えるためであれば、
それこそ今必要とされていることだ、となります。

いい人が自分のために生きると人のためになる

普通の人の普通の生き方は、
自分のために生きることが自分のためでしかない生き方です。

でも、いい人の生き方は、
自分のために生きていることが、人のためになる生き方です。

自分のための生き方と、人のための生き方が、
うまいぐあいに調和して重なりあっている生き方です。

だから、ますますみんなに応援してもらえるのです。

 

あなたは、一生懸命なことを応援してもらえていますか?

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください