「待ち」タイプのいい人に求められる5つのこと

 

どうも、中澤信幸です。

075539

昨日の記事で、自分のことを「待ち」のタイプの牧師さん、と書きました。
我ながら、「そうだな」と思っています。

というわけで今日は、「待ち」タイプのいい人に求められることを、
地引網のイメージで紹介します。

「待ち」のタイプのいい人は地引き網で

[note]

  • 地引き網は破れていてはいけない
  • 地引き網は魚が寄ってくるところに設置する
  • 地引き網はできるだけ広い範囲をカバーする
  • 地引き網は違和感を放っていてはいけない
  • 地引き網は気長に待つ

[/note]

1. ひとつひとつの機会を無視してはいけない

あなたを頼りにして、声をかけてきた方を、無視するようなことがあってはいけません。一人ひとりに対して、誠実に対応していくことが求められます。もちろん、意図的に無視するようなことはしないでしょう。でも、気付かなかった、ということは十分にありえます。関わりをもつすべての方々に対して、いつでも、「自分がどう関わったらいいだろうか」と意識を持ち続けることが重要です。

 

2. 人との交流の中に身をおく

あなたを必要としている人は数多くいるはずです。ただし、出会い、知り合うことがなければ、関り合いも生まれてきません。山奥にいても探し求められるのは伝説の仙人だけです。自分を売り込むために飛び込みで営業をすべし、という意味ではありません。自然な交流の広がりの中に身をおき続けることが重要です。

 

3. どんなことでもできるだけの関わりを提供する

もちかけられる話の中には、自分の得意分野とは無関係、という場合もあるでしょう。それならば、そういう関係の人を紹介する、とか、自分でも少し調べてみて情報提供する、とか、できるだけの関わりをするとよいでしょう。どんなに小さくても、自分ができる助けを提供することは、相手の助けになることです。

 

4. 信頼の妨げになることを作らない

「待ち」タイプのいい人にとって、もっとも重要なことは信頼されていることです。怪しい、信頼できない、と思われれば、誰も近づいてきません。服装であれ、言葉づかいであれ、時間の使い方であれ、どんなことでも、「あの人どうなの?」と思われるようなことがないように。

 

5. 出会うべき人には出会える、と気長に待つ

当たり前のことですが、「待ち」タイプなのですから、「待つ」ことが大切です。自分が何をしようがしまいが、自分を必要としている人とはちゃんと出会えるのだ、と信じて待ちます。誰からも声がかからないときは、みんなそれなりにやれているのだ、と喜んだらいいのです。焦りは禁物です。

 

ということで、中澤信幸は、今日も「待ち」の一日を過ごします。
(網にかけて捕まえようとしているのではありません、念のため)

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください