いい人が目指すべき理想のリーダー像は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

183990

いい人の生き方は、周囲に大きな影響を与えるものです。
ときに、それはリーダーシップという形で現れてきます。

今回は、私が考える、いい人が目指すべき理想のリーダー像を紹介します。

いい人だからこそ、というリーダーを目指したい

いい人がリーダーになると、どんなふうになるんでしょう?

リーダーシップで問われるのは、どれくらい成果が出たか、です。
と同時に、いい人のリーダーシップについて、
それ以上に問われるのが、どのようにして成果を出すか、です。

具体的に、3つの理想のリーダー像にまとめてみました。

理想のリーダー像1 使命感と主体性を与えるリーダー

組織グループには、集まっていることの目的や使命があります。メンバーの誰に聞いても、目指すべきところがはっきり共有され、同じ答えが返ってくることが重要です。理想のリーダーは、効果的にビジョンを示し、方向性を明確にします。

受け取ったメンバーひとりひとりは、それを自分に直接関わりのあることとして受け入れ、主体的に組織グループに参加するようになります。

理想のリーダー像2 適材適所に配置できるリーダー

組織メンバーは、特性や能力、その他の面において、それぞれ個性をもっています。メンバーが主体的になればなるほど、その持ち味を生かすことができる適材適所のコーディネートが重要です。理想のリーダーは、多様性の尊さを強調し、個人をよく理解して役割と人材のマッチングをします。

このようにして、組織グループ全体に協調性が与えられ、目的を達成するための最適化がなされます。

理想のリーダー像3 メンバーの成長を促すリーダー

いい組織グループであることは、つまり関わるすべての人がWINを得られるということです。全体として成果をあげることはもちろん、メンバーひとりひとりも組織グループの一員として歩む中で、成長できることが重要です。理想のリーダーは、適切なフィードバックと機会提供によって、メンバーの成長を促します。

現リーダーを越える新リーダーが出てくることが望ましいことであり、同じDNAをもった働きがさらに広がることを可能にします。

 

ひとことで言うと、いい人はいいリーダーでいい組織をつくれる、ということですね。

理想のリーダー像を追い求めることは、自分の中の「いい人」に出会っていくことである。 Click To Tweet

リーダーシップについて考えると、もっといろんな要素があることでしょう。
あなたが考える理想のリーダー像について教えてください。
コメント欄に書き込んで、読者のみなさんと共有しましょう。

 

中澤信幸(@nobun)は、リーダーシップについて記事を書き、
みなさんからもたくさん教えていただきながら、
理想のリーダー像に近づけるように取り組んでいきます。

 

明後日はどんな記事を書こうかなぁ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. 潮江亜紀子 より:

    私の理想のリーダーとは、リーダーがするべき事や目標をを明確に分かっていて、その目標に向かってブレずに進んでくことではないかと思います。
    私自身もグループを運営しているので、自分はどんなリーダーになりたいかは常に考えています。

    • nobu より:

      目標に向かって、ブレずに進んでいく。
      いいですね。
      確かに、それは理想のリーダーに近いと思います。

      潮江さんにとっての目標はどんなものなのでしょう?