日々の法則138 救急車の法則

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

343905

[tip]一刻を争う救急車は、細心の注意を払いながら、
人命の救助のために目的地に急いでいる。
[/tip]

ピーポー、ピーポーとサイレンを鳴らして、
救急車が近づいてくると、道の端によって道を開けます。
救急車が脇を通って行くのを見送ります。

「わりとのんびり走ってるよなぁ…」 そう思うことありませんか?

もっとアクセルを踏み込んで、抜け道なども走りながら、
目的地に急ぐことはいくらでもできるはずです。

救急車が人命の救助に関わっている以上、
ただ速ければいい、というものではありません。
安全かつ迅速に、絶妙なバランスの中で目的地に急いでいます。

 

大切な人を助けようとするとき、救急車のスピードを忘れないように。

 

いままで2度救急車に乗った、中澤信幸(@nobun)でした。
明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください