日々の法則134 ぶどう園の法則

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

フ?リント

[tip]実も葉もついていなくても、
わかる人にはすぐにわかってもらえる。

[/tip]

冬のぶどうの木は、とてもさびしい。
乾いた枝が四方八方に伸びているだけ。

それでも、見る人が見れば、それがぶどう園だということはわかるし、
夏から秋にかけての豊かな実りを想像することができる。
見た目だけで評価されることもない。

ぶどう園は、いつの季節でもぶどう園であり、
そのことを理解してくれる人は確かに存在している。

 

私たちのアイデンティテイーにも
がんばって取り組んでいることにも
他人からの評価にもあてはまるぶどう園の法則。

 

自分を保って歩むために、一番助けになることは何ですか?

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください