ワクワクするような誕生日の祝い方をしてみたい

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

Print

今日、8月3日は、わたしの誕生日です。

毎年、いろんな方から、おめでとう、と声をかけていただきます。
めったにありませんが、プレゼントをもらうこともあります。

いくつになっても、誕生日を迎えるのは、
悪くないこと、うれしいことだな、と思います。

でも、せっかくなのだから、
ワクワクするような誕生日の祝い方をしたい。

 

プレゼントを贈る代わりに

ある頃から、この時期にお手紙をもらうようになりました。

ギデオン聖書協会という、聖書を配布している団体からです。

「あなたのお誕生日を記念して、
聖書○○冊分を贈呈するために献金しました」というものです。

私にプレゼントを送るかわりに、聖書を配る働きに献金しますね、
ということでした。

あぁ、そういうこともありだよね、と感心しました。

 

誕生日を祝ってくれる人のきもちを

2週間ぐらい前に、Charity Waterという働きを知りました。

自分の誕生日に、家族や知人に
「プレゼントを贈るつもりで、この働きのために寄付して」
と呼びかけるものです。

集まった寄付で、きれいな水がなくて困っているところに、
浄水システムがつくられ、貢献することができます。

○○才の誕生日に、あそこに浄水システムを作った、
みんなといっしょにそれができた、という誕生日の祝い方です。

いいなぁ、と思いましたが、
なんせ自分の誕生日が間近すぎて、呼びかけが間に合いません。

 

来年はワクワクできるように考えます

今年の誕生日は、おとなしくしていようと思います。

もし、わたしのことを思って、
何かしよう、と考えてくださる奇特な方がいらっしゃったら、
来年まで、待っていてください。

来年こそは、私の誕生日にかこつけて、
世の中のために役立つ何かを一緒に実現できるように、
一年かけて準備、計画します。

 

ワクワクするような誕生日の祝い方ができるように。
何かの、誰かの役に立つ、そのために生まれたんだから。

 

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください