生き方のヒント

中途半端なので、あきらめられない

どうも、中澤信幸です。515591

子どもたちの夏休みが終わろうとしています。
宿題がぁ… という時期です。

 

私も、夏の宿題が終わらなくて、四苦八苦しています。
課題は、PCから過去のデータを救出して回復させる作業です。

 

業者に頼めば、数十万かかるようなことなのですが、
ネットで調べてみると、なんとか自分でもできることがありそう。
ということで、できる範囲で取り組んでみることにしました。

 

できなくはないんだけれど、簡単にはできない。
これがやっかいなんですよね。

  • 調べる (時間がかかる)
  • やってみる (時間がかかる)
  • 失敗する
  • もう一度調べる (時間がかかる)
  • 何度目かにようやく成功する (とても時間がかかる)
  • ようやく次の段階に進む

という感じで、膨大な時間と労力、気力を使ってきました。

 

そもそも、生半可な知識とか、経験とかがなければ、
一番初めからあきらめていたことです。

ちょっとできる
あきらめられない
ドツボにはまる

 

いいかげん、もうそろそろ片を付けることにします。

 

中澤信幸は、最近、PC関連のことでは、
あんまり人助けをしないようになりました。

さて、明日は何の記事を書こうかなぁ?。

鳴り続ける電話の向こう側

485772

 

どうも、中澤信幸です。

誰かの電話がマナーモードで鳴り続けていました。

 

私の携帯電話も手元にありません。

もしかしたら、自分のかもしれない…
でも、今は取りにいけない。

 

一度切れたように思えたマナーモードも、
もう一度、もう二度、というふうに、
繰り返し、繰り返し、かかってきているようです。

 

もし、私の携帯電話だとしたら、
電話の向こうでかけつづけているのは…
何か大変なことがおこったのだろうか…

段々と気が気ではなくなってきます。

 

5分ほどそんな状態が続いて、
鳴り続いていたマナーモードが静かになりました。

 

結果的には、私の携帯電話ではありませんでしたし、
どうやら電話の主も、急な一大事、ということでもなさそうでした。

あぁ、よかった! のですが。
まったく、心臓によろしくない。

 

鳴り続ける電話を想像してみてください。
その向こう側で、一生懸命、あなたにかけているのは誰でしょう?

あなたを必要としている、大切な方の顔が思い浮かんでくるでしょう。

ぜひ、その方との関わりを、今日も大切にしてくださいね。

 

 

中澤信幸は、
このごろマナーモードが苦手になりつつあります。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

100%を求めない生き方

プリント

 

どうも、中澤信幸です。

 

天気予報の確率に100%を求める人は
たぶん、いないでしょう。

車の自動運転には、
誰もが100%の安全性を求めようとします。

勝率が100%だったら、スポーツはおもしろくありません。

 

死ぬ気で100%に近づける努力をすべきことと、
そんなに真剣にならなくてもよいことがあります。

100%ではない、とわきまえていれば、
それなりにやっていけることもたくさんあります。

 

85%だけど、悪くない。
そう言える人生が、一番コストパフォーマンスがよさそうです。

 

中澤信幸は、こうして自分のいい加減さを正当化します。

来週は何の記事を書こうかなぁ?。

ちょうどいい助けってどれくらい?

Print

 

どうも、中澤信幸です。

怪我をしたときには、
自分の足がわりに体を支えてくれる、
松葉杖がとても重宝します。

 

長すぎると体が浮いてしまいますし、
短すぎると体の支えになりません。

ちょうどよい支えになるためには、
ぴったりよりほんの少しだけ長めがよいようです。

 

日常の助けも同じですね。

自分ができるのより、ほんのちょっとだけ上手にできる人だと、
大きな助けになります。

 

いま、あなたが必要としている助けはどんなことですか?

 

中澤信幸は、人の助けになれることを
何よりもうれしく思っています。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

普通のハンバーガーをおいしくする魔法

 

どうも、中澤信幸です。

043530

ある調査の結果です。
マクドナルドの包み紙に包まれたハンバーガーを
子どもたちは、より喜んで食べたらしいです。

Kids Prefer Meals in Fast-Food Wrappers

That which we call a Big Mac by any other name would not taste as yummy, according to a new study that found children favored the taste of food in McDonald’s wrapping to the same foods and drinks in unbranded packaging.

広告代理店の人は、これをブランドの力、と呼びます。

食育の専門家は、これを化学調味料の力、と呼びます。

教育評論家は、これを子どもの想像力、と呼びます。

ゲームの達人は、これをポケモンGOの力、と呼びます。

社会心理学者は、これを条件反射の力、と呼びます。

 

 

次はぜひ、伊勢丹の紙袋に入ってるものは高価に見えるってあたりを、大人で実験してもらいたいもんです。

 

そうそう、中澤信幸は、8月27日に大野教会で行われる夕涼みイベントで、ハンバーガー屋さんになります。

 

来週は何の記事を書こうかなぁ?。

「ありがとう」と言われたら、どう答える?

 

どうも、中澤信幸です。428065

 

「ありがとうございます」と感謝されたら、
教科書だと「どういたしまして」と返答します。

この「どういたしまして」は
「いえいえ、それほどのことではありません」と
丁寧に自分のしたことの価値を否定する意味だそうで。

 

わたしのおすすめは「こちらこそ」
いやいや、むしろ感謝したいのはこちらです、という気持ちをこめて。

 

「いつもブログを読ませてもらっています。
有益な内容で感謝しています。」

「こちらこそ、読んでくださってありがとうございます!」

なんてふうにね。

 

あなただったら、どんなふうに答えますか?

 

中澤信幸は、みなさんのありがとうを食べて生きています。

次は何の記事を書こうかなぁ?。

白い歯の笑顔の魅力

 

どうも、中澤信幸です。

Print

たいていの場合、白い歯を出してニコッと笑えば、
うまくいくものです。

多くの人は、見える部分から想像して、
見えない多くの部分を勝手にイメージしてくれるからです。

白い歯でニコッと笑えば、それだけで十分に魅力的です。

 

ただし、人間ドックの受付で、白い歯を出してニコッと笑ってもムダです。

見えないところまでチェックする場所ですからね。

 

中澤信幸は、そろそろ歯医者さんの時期!?

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

うなぎを一流のうなぎにするもの

 

どうも、中澤信幸です。

179401

2016年の夏は、7月30日が土用の丑の日だそうですね。

続きを読む

見ただけでわかる、それって正義だ

 

どうも、中澤信幸です。

door_0

上の下手なイラストは、2枚の扉です。
どちらがドアで、どちらが引き戸か、見ただけでわかるでしょう。

左のドアは、見ただけでは、
押して入るのか、引いて入るのか、わかりません。

右の引き戸は、どちらに引けばいいのか、見ただけでわかります。

 

何気ないデザインひとつによって、
見ただけでわかる、ということが実現されていると、すごいな、と思います。

 

中澤信幸は、見ただけでわかるような、
イラストでの図解をする人にあこがれています。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。